六花の舞う頃

エジプト神話をメインに描いているブログです。最近はアメコミも。

いろいろ

すっかりご無沙汰でしたね……。
自分は年末年始も仕事なので、おそらく年内最後の更新になるかと思います。
あぁ…今年は戌年だったのにアヌやウプ全然描けなかったよ……w

頼まれて描いたやつ。

先日、親がやってるピアノ教室の発表会があって。
そのプログラムの挿絵を頼まれて描いたものです。
テーマは猫!ということでwwバンド組んだ的な?動物描くのは楽しかったよw
元は別の所で使ったネタを流用したものなので、ピアノ発表会なのにピアノ無いのはご愛敬(笑)

*   *   *

以下、近況とか、いろいろ思うところとか、整理も兼ねて。
ちと重めな内容もあるので畳んどきます。

「新入り猫くんと病気の話」

以前の記事でも書いたと思うんですが、6月に新しい猫をお迎えしてて。
引き取る直前に先天性の病気が判明した……という風に書いてましたが
具体的に病名を挙げると、慢性腎臓病と心筋症なんですね……。
それぞれ腎臓と心臓の疾患で、どちらも完治することはない病気ということでした。

特に心筋症のほうは薬を飲んでても徐々に進行していくそうで、いつ肺に水が溜まるか分からない、
呼吸困難になって最悪突然死のリスクもある……という、なかなかに怖い病気で。
現に9月と先週も呼吸がおかしくて通院したら、やはり肺に水が……ということでした。
本当はあまり興奮させたり走らせないほうが良いそうなんですが、うちの子…………まだ…子供!!
先住猫を追いかけ回したり(笑)、突然意味もなく爆走(足元を走り抜けるのでわりと危険)するしw
まだまだヤンチャ(現在推定9ヶ月)&未去勢のオス子猫なので、当分は手を焼きそうですww

腎臓病のほうも薬と点滴で腎機能を補いつつ、ほぼ月1ペースの血液検査で様子見の状態で。
腎機能が悪いと手術が難しい(麻酔が使えない)そうで、数値が良ければ去勢手術も考えてたけど、
今のところは保留……という感じですね…。

引き取った頃より薬の量は増えましたが、うちの子はまだ若いし、早期治療すれば症状を遅らせながら普通の猫と同じように生活できるので、あまり悲観的にならずに上手に病気と付き合っていければなと思います。
何より通院や毎日の薬と、いつ来るか分からない発作で一番きつい思いするのは猫ですしね。
薬も病院もあまり嫌がらない(というより慣れた)子だけど、決して楽しいものではないと思うので…。
病気なのは承知で引き取った子だし、投薬や通院が大変でもお釣りがくる可愛さ(親バカw)だし、病院行くたびにスタッフの皆さんがわざわざ診察室まで来て可愛がってくれる(入院してた事もあるので皆さん顔見知り)し、たとえ先住猫に近づきすぎて猫パンチ食らっても(笑)めげずに近づいていくチャレンジャーですw

ということで、メリークリスマス&来年も良いお年をー!
(猫タワーの上がコスプレ苦手な新入り君、下が新入りにタワーの上を取られて面白くない先住猫)
奇跡的に二匹ともカメラ目線くれた一枚w

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
花月
性別:
女性
自己紹介:
エジプト神話をもとにオリジナルを描いています。
初めての方は「はじめに」をご覧ください。

最新記事

(03/10)
(02/06)
(01/24)
(01/23)

最新コメント

[03/11 スミス]
[02/09 スミス]
[02/06 スミス]

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

Copyright © 六花の舞う頃 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7